金属加工

圧延加工

 

圧延加工

弊社では、インサート芯金用の金型設計・金型製作・芯金製造まで自社工場内で行っております。

この後、自社内で樹脂押出成形の工程でインサートされ、製品化されます。

金属インサート部品

圧延加工は、回転するローラーの間に金属材料を通してプレスして厚みや断面積を減少させて、板材等を成型する加工法です。

芯金製作の工程では、先ず鋼板にプレス・ローラーで切込みを入れ、繋がっている部分をローラーで延ばし(圧延)切り込み部分を広げて成形します。この為、工程上で不要な部分のスクラップが出ません。そのため、自動車部品などの軽量化技術に役立っています。

インサート用芯金(圧延加工)自社開発 ← 芯金製作圧延機     

インサート用芯金(圧延加工)               自社開発芯金製作圧延機

              

圧延前

 

圧延後

                ↓                                   ↓

横から

 

横から

 

圧延前と圧延後の製品

 

自由自在に曲げられます

弊社ではこの他に高速プレスによる打抜き芯金も製造しています。 

高速プレスによる打抜き

 

打抜き芯金の一例

自由自在に曲げられます

 

これらの芯金をインサートした製品

 

 

 

ご質問、ご相談ございましたら気軽にお問合せください。

  • メールでのお問合せ
  • 電話でのお問合せ(代表) 04-7143-7136

PAGETOP