樹脂成形

多層押出成形

多層押出成形

多層樹脂 押出成形

高密度ポリエチレン管(パイプ)

昨今、耐食性・可とう性・軽量化などの利点から鋼管に代わる配管としてポリエチレン管が注目されています。

弊社では、2層~3層構造のパイプ製造技術を有しており、それにより内・外側の材質を変える事ができる他、内側に自由にカラーリングを行える等様々な要望に対応する事ができます。

高密度ポリエチレン管(パイプ)

石油用地下埋設管

石油用地下埋設管

 

石油用地下埋設管

1層から3層構造の樹脂パイプの製造技術により“多機能樹脂パイプ”を実現しました。その一例として石油用地下埋設樹脂パイプがあります。

石油用地下埋設管は、古くはスチール管が採用されていましたが、腐食が原因と見られる漏洩事故が多数発生しており環境面から防止策が求められています。
更に“スチール管は必ず腐食する”との認識から、樹脂配管は米国で100%・欧州で80%の採用率となっています。

このような背景を受け、この多機能樹脂パイプは初の国産化を実現し、内層にガソリンバリアー性の高い機能樹脂をコーティングした3層構造になっており、優れたバリアー性を発揮しています。外層にはガス配管で実績の有るPEを採用し、耐腐食性・耐圧性・耐震性などに優れ、内層・外層と併せ多機能樹脂パイプとしての役割を果しています。

ご質問、ご相談ございましたら気軽にお問合せください。

  • メールでのお問合せ
  • 電話でのお問合せ(代表) 04-7143-7136

PAGETOP